アメリカ合衆国のワシントンD.C.に所在する駐米大韓帝国公使館の管理・運営を通じて、大韓帝国時代の自主外交および韓米友好の歴史を紹介しています。 

公使館の概要

アメリカ合衆国のワシントンD.C.のローガン・サークル歴史地区に位置する駐米大韓帝国公使館は、朝鮮がアメリカと修好条約(1882)を結び西洋国家に初めて設置(1889)した後、日本に外交権を奪われる乙巳条約(第二次日韓協約、1905)までの16年間、主権国家として堂々と自主外交を行った近代の外交公館です。 
駐米大韓帝国公使館は、1910年、日本による韓国強制併合がなされる過程で、日本に強制的に所有権を奪われてしまいました。 しかし、植民地支配からの解放後、在米韓国人社会と大韓民国政府の努力により、2012年に文化財庁が買い戻したことで韓国の元に返ってきました。 

公使館の復元

財団は、2013年1月に文化財庁から公使館の管理と運営を委任され、安全点検と精密実測を完了した後、2015年10月から2018年3月まで復元及び補修工事を行いました。 建物の復元時点は、19世紀末から20世紀初めの大韓帝国の時期に合わせられています。 公使館の1~2階は当時の原形に近い再現空間として、3階は展示空間として設えられ、2018年5月に開館しました。 

公使館の活用

公使館への訪問と案内解説は、オンラインでの事前予約または現場での申込みが可能です。 韓国語と英語が両方可能な専門の解説ガイドによる、生き生きとした分かりやすい解説が提供されています。 また、地域社会と現地の在米韓国人社会、アメリカ人がともに楽しめる各種プログラムの開発も続けています。 

  • 開館時間 : 10:00~17:00 / 入場料:無料
  • 休館日 : 毎週月曜日(土、日、祝日開館)
  • 予約受付 : www.oldkoreanlegation.org